さすが地元and 地元してる〜じもてぃ〜( ´艸`)

さすが地元and<br />
 地元してる〜じもてぃ〜( <br />
 ´艸`)
お亀堂とのコラボレーションしたのよブラックサンダー

笑っちゃったから買っちゃった。
どんだけコラボるの?
次はなんだろね〜

| | コメント (0)

ご苦労様でした。

18日の朝

敬老会のことを総代さんに電話して欠席にしたのに…
母親も行かないって言ってたからやめにしたよって昨日母親に伝えたのに!
朝7時10分と8時に『私、今日敬老会だもんでお宮さん行くで』って連絡あり。

そのつど『メモして!敬老会は欠席!台所のカレンダーも赤色で消して欠席って書いといて』と言えば『ここに書いてあるわ』ってメモを見つけ電話切られる。

9時半に心配で見に行くとおめかししてお宮さんに向かうであろうトボトボ歩く母親発見。

クラクション鳴らして呼び止めて『どこ行くの!?』と声をかける。

『私、今日敬老会だもんでお宮さん行く』と母親…
(-_-;)今日は、欠席だからお家へ帰ってください。と家に帰す。
朝の2度の電話もメモも意味がなかった…○| ̄|_
とんだアクシデント!!Σ( ̄□ ̄)!

母親朝ご飯の記憶なし。

連絡帳作りました。記憶が薄れたらまた引き戻れるように16日からあった出来事を連絡帳に書きました。

メソメソしながら(/_・、)『お爺さんとこ何時に行ける?』と何度も言うので、らくがきちょうを持って病院に連れて行きました。

お昼ご飯は、帰りにお亀堂に寄って食べてきました。

冷蔵庫に婆さんのお弁当作ったの入れてあります。
メモ書きもしときました。


フラッと出て行って どこに行くのかわからなくなって 家に帰ろうとして 家がわからない…ってなってしまわないか今日は、不安がまた一つ増えましたよ。

| | コメント (0)

ご苦労様ですよ

17日の朝

18日の敬老会のことを総代さんに電話して父親が入院したことと痴呆でまた状況がわからなくなってしまう母親をひとり出席させて迷惑をかけるといけないから二人とも欠席にすると伝えた。

病院へ入院セットを持って集中治療室で看護師に受け渡す。

下でモーニングして11時に面会する。
少し話をして看護師から『今日一般病棟に移動します。13時頃になりますがまだ病室決まってないので西棟6階で聞いてください。』と
取り合えず母親のお昼ご飯を食べさせに帰る。

実家の片付けをして母親を連れて食事にでかけながら病院へ

看護師が案内してくれついでに常備薬の説明を父親から聴く
その時、私のベージュのカーデガンを指差して父親に『こんな色のウンチさっき出たけど、いつもこんな色?』と…
え!!Σ( ̄□ ̄)!私のベージュのカーデガン色うんち!
ってかここでも私の扱いこんな感じなの?まぢか!!めっちゃツボったわ。

昨日に続いて笑える病院だなぁ〜( ´艸`)

| | コメント (0)

ご苦労様です。

16日の昼過ぎ実家の父親から『昼御飯食べてから震えがとまらん…救急車呼んだ方がいいかなぁ…』言葉が聞き取れない電話がかかってきて
「自分でかけれるの?今からそっちにすぐ行くで!」
と電話を切って車で5分程の実家へ

ガタガタこんなに震えるか!!と思うほどの震えかた
自分で救急車呼んだみたいで私が駆けつけてすぐ救急車が到着。さすが6分の救命

救急車に乗り込み処置をするものの脈も心拍数も震えが大きくてとれない…

病院に搬送されCT検査に血液検査何人も救命の先生や看護師が入れ替わり立ち代わり

救急医師『消化器内科の先生と相談してカメラ通して応急手術胆菅に石が詰まった状態だから針金みたいなのでつついて出します。』と…

承諾書を書かされ救急医師が『奥さんですか?』と
は?「娘です。」
『すみません!すみません!』
「歳の差結婚ですか?(笑)保険金詐欺ですね♪」
『すみません!すみません!』
ツボったわWWW
病院に到着して6時間後手術になりました。

時計を見ることもできずどのくらい時間が経ったのかさえわからず
手術して呼ばれ集中治療室に移動されたのは9時過ぎ…
執刀医の話を聞いて父親のところに顔を会わせに行くと麻酔薬でぐっすり(笑)
きっとこのままだと起きれなくて洩らしちゃう…と思ってオムツをお願いした。

アレルギーや現在服用している薬、生活の状態、病気の経歴、緊急連絡先などなど聞かれて集中治療室を出たのは10時過ぎ…
さすがに疲れた…実家に戻って入院セット用意しなくっちゃ…保証人のサインも頼まなくっちゃ…

明日に続く

| | コメント (0)

マーラにあって来たの

マーラにあって来たの
マーラにあって来たの
マーラにあって来たの
2017年8月31日までマーラの死を惜しみ献花台が設置されている。

最後にアーシャママに逢えなかったけど 頑張ってリハビリしたもんね。
まだ毛むくじゃらのマーラが飼育員さんの回りを飛び跳ねてちょこちょこ走り回った姿が懐かしい。
あの頃は、お披露目で少しだけお外に出れたんだよね〜いつもマーラの前には、沢山の人だかりで観るのも大変だったわ〜


沢山のお花が象舎の中にもあった。千羽鶴の束が広島のドーム前の様に沢山吊られているでしょ?まさにあんな感じのが象舎の奥に見えた。
きっと献花台が毎日いっぱいになっちゃって大変だからだよね 飼育員さんが象舎に移動させてくれてるみたい…

マーラにメッセージを書いてね♪ってノートが置いてあったけど No.7とNo.8があったよ。

黒板チョークアートの親子象がやたら泣けて…これがまた飼育員さんの作品なんだけど上手なんですわ〜
ほいだって実際アーシャには、こんな風にして貰えなかったって思ったら すごく寂しくて…
市原ぞうの国でママ修行してるアーシャに会いに行っちゃったのかと思ったよ。

ダーナのオシリが寂しいって…いや、いつものオシリなんだけど あのシワとカーブがより寂しく見えてね。
この体の大きさから見ても広場が小さい…狭いよね〜確かに工事は、してるんだけど、でも小さいよね〜キリンやダチョウのいる広場は、自由に移動出来て自然界そのものだもんね…

今、象舎の周りは、工事してるの。
きっとアーシャが子供を連れて帰って来れる様に広い象園庭だと思うけど 大掛かりな工事をしてる。
以前ペリカンやフラミンゴがいた池の方も工事で樹が伐採されて重機がいくつも入っていた。

まだまだ発展中ののんほいパーク。
完成は、いつかなぁ〜


その頃には、この寂しさや悲しみが癒えて また笑顔で溢れた象舎になっていると…いいね。

また、逢おうねマーラ♪

| | コメント (0)

«あの〜そこ…どいてくれます?