文化・芸術

豊橋市名物手筒花火を観ませんか?

豊橋市名物手筒花火を観ませんか?
手筒花火発祥の地豊橋市。三河地方の名物 度胸試しとも言える手筒花火その名も『炎の祭典』が九月十三日(土)午後6時 豊橋球場(豊橋公園内)にて開催されます。

入場整理券の発売
八月一日からチケットぴあスポット、及び関連のコンビニエンスストア(サークルK、サンクス、ファミリーマート)、豊橋商工会議所で購入出来ます。

炎の祭典(炎の舞)入場整理券料金
SS特別席桟敷席※1(豊橋商工会議所のみ取り扱い) 前売り3500円、当日3700円
SS席桟敷席 前売り2000円、当日2200円
S席桟敷席 前売り1500円、当日1700円 
A席イス席 前売り1200円、当日1400円 
B席イス席 前売り500円、700円
内野スタンド席 当日のみ700円
外野スタンド席 当日のみ500円
※当日券は会場内のみ販売をいたします。なるべく早い時間に当日券は購入された方がよろしいかと思います。

ここでは、ヨウカン花火(ミニ手筒花火)をあげることもできます。
九月十三日(土)午後6時豊橋球場
対象…十八歳以上(高校生は除く)で当日午後4時に会場で規定の講習を受けられる方
定員…30名(申し込み順)
参加料…三千円

体験出来る花火大会なんてここ豊橋だけかも!
ヨウカン手筒は、1.5Lペットボトル弱ほどの大きさで軽く女性の方もあげることができます。
ただし!怖がって花火の火柱を外に向けては、いけません。
花火終了に手筒の底が大きな爆発音と共に抜けるので、自分自身に矛先が向けられてしまいます。
必ず火柱は上にし、手を伸ばして体から放し、あげて下さい。
いかがですか!人生の思い出に一発。あなたの何かが変わります。

ところが今年の参加募集は、終了してしまったようです…また来年チャレンジしてくださいませm(__)m

全国から観光ツアーまで組まれている手筒花火。
近くで観られるのは、この日が今年最後ではないでしょうか。
豊橋市出身の♪オ〜レ〜 オ〜レ〜 マツケンサンバ〜の松平健さんのコメントもいただき、大型スクリーンにダダン!と流れました。
模擬店や物産展、朝からイベントも行っております。盛りだくさんの炎の祭典へお越し下さいませ。

詳しくは、炎の祭典実行委員会ホームページ↓こちらまで
http://www.toyohashi-cci.or.jp/kanko/honoo/
問い合わせ先…炎の祭典実行委員会電話(0532)53-7211、商業観光課(0532)51-2430

| | コメント (2)

毎年恒例の市民福祉の日記念行事!

毎年恒例の市民福祉の日記念行事!
毎年恒例の市民福祉の日記念行事!
毎年恒例の市民福祉の日記念行事!
毎年恒例の市民福祉の日記念行事!
毎年恒例の市民福祉の日記念行事!
毎年恒例の市民福祉の日記念行事!
朝10時から開催された いきいきフェスタ2008

毎年恒例で我が家も参加しています。
身体障害があろうが知的障害があろうが健常者であろうが

そんなの関係ねぇ〜 そんなの関係ねぇ〜 そんなの関係ねぇ〜 ハイ ♪オッパッピー♪

なんで障害があるだけで偏見な目で見られなきゃならないのか私には解らない。

私は、頭悪くとも健常者として日常生活に困ることなく生かせてもらっている。
だけど少しの障害だって場所によっては日常生活だって都合が悪い。ここに集まった人たちは、重度の方も軽度の方もサポートしていただける方と一緒に元気に暮らしている。イキイキとして…それは、まさに

いきいきフェスタ!

献血してライオンズクラブさんの提供のおかげもあって沢山のご褒美をいただけます。
今回ちょっと嬉しかったことがありまして…娘の中学のイケメン先生と向かい合わせでベッドについて献血をしたのよぉ〜♪
チョー嬉ピー♪可愛いし…じっくり見てしまった♪アハハ〜

そしてこの会場の名物と言えばカレーライス♪美味しいんだよ。300円で給食ゼリー(青りんご味)が付いてくるの♪しまったことに写真を撮るの忘れますた…

エフエム豊橋も公開生放送に駆けつけますよ〜
久しぶりに渡辺さん、モエモエ、チャーリーの顔を拝みました。

忘れられてなかったわ…

スタッフの顔ぶれが変わりましたね。アフロ君いないじゃん…また辞めたのか…( ̄▽ ̄;)
またモエモエ来週のザバンに4時から出るらしいですよ♪
自爆して暴露しちゃうかしら〜昨日たまたまエフエム愛知の電波の入りが悪くてチューナーの綺麗なところで止めたのが偶然エフエム豊橋だったってことで、モエモエの自爆を偶然その時に聞いて爆笑してしまった。
渡辺さん…ちょっと太っちゃった?まぁ〜40だもんね〜仕方ないか♪

外では、中学生ボランティアがスカットボール・水鉄砲・ミニテニス・マジックバルーン・魚釣り(木材)・アキュラシー・もぐらたたき・ストラックアウトをお手伝いしていました。
会場内は、ゴミ箱管理も模擬店も中学生ボランティアのが活動してくれています。

毎日やれ!毎日その心を知れ!

なんてね〜厳しいこと言っては、いけませんね。
でもいつだって忘れて欲しくないと思います。

来年は、上娘もボランティアで働きますよ〜♪いいえ働かせます!優しい心を養いなさい。

| | コメント (2)